NCA 日本カーテン協会    Nihon Curtain Association



















































日本カーテン協会のあゆみ  


2000年  1月  日本カーテン協会の前身となる日本カーテンレース協会設立。カーテン編みレース企業に
                   てカーテンレースの普及を目的にスタート。

2003年10月  カーテンレース協会懇話会開催。
         カーテンレース ブランドメーカーと品質基準についての意見交換を行う。
         講演「化審法改正の要点とその方向性」 経済産業省化学物質安全室

2004年12月  日本カーテンレース協会を発展的解組する。

2005年  1月  日本カーテン協会設立。  カーテン織物、カーテンレースの企業によるカーテン製造部門
         の組織が生まれる。
          「日本カーテン協会理念」を発表。
         日本インテリアファブリックス協会と定期会議を開催。品質規格基準統一、検査基準等の
                  協議を行う。
      8月  「第一回染工場会議」開催。染工場との共通課題について協議を行う。

2006年         日本インテリアファブリックス協会主導の情報化促進事業委員会に参画。
                   『ブランドメーカー、製造業者間のEDI化事業』をスタートする。
                  品質向上のためのデータ収集と分析を行う。(生地瑕疵傾向、返品要因実態の掌握)
         日本テキスタイルデザイン協会と需要活性化をテーマに情報交換をスタート。
      1月  「第二回染工場会議」開催。
      7月  繊維検査機関カケン訪問。カーテン生地品質検査基準の討議を行う。

2007年    インテリアファブリックス産業活性化協議会に参画。
      1月 「第一回縫製工場意見交換会」開催。生地の可縫製についての意見交換を行う。
      2月 『ブランドメーカー、製造業者間のEDI化事業』終了。EDI化の為の基礎システム完成。
      4月 工場見学会  潟iテック(奈良市) カーテンの染色、整理、仕上げ工程を見学。意見
          交換を行う。
           6月 中小企業中央会補助事業『カーテン産元、染色整理工場間のEDI化事業』をスタート。

2008年  2月 『カーテン産元、染色整理工場間のEDI化事業』終了。EDI化のための基礎システム完成。
         生産から販売までの業界EDI化の一環システムが可能となる。
         大阪市、江南市、桐生市にて染工場、ブランドメーカーを対象にEDIシステムの説明会を開
         催。業界IT化の促進を行う。
      5月 「第一回製造・縫製合同会議」開催。染工場、産元、縫製工場が合同で会議を行い、共通
         する 課題について共通認識を持つ。
      9月 ブランドメーカーとの「第一回カーテン懇話会」開催。染工場、産元、縫製工場、ブランド
                  メーカーの共通課題を認識する。サプライチェーンとしての対応が求められる課題の
                  意見交換を行う。
     12月 日本カーテン協会ホームページ開設。 http://www.curtainjp.com

2009年  1月  日本カーテン協会「品質方針」制定
      3月 染工場と「第三回品質向上に関する意見交換会」を開催。生地検反の実情と改善に
                  ついて意見交換を行う。
       4月 工場見学会 トーソー鰍ツくば、水海道工場   生地品質と製品品質の整合性について
                  意見交換を行う。
      7月 展示見学会 トヨタ記念技術館「繊維機械館」(名古屋市)歴史をたどりながら
                  モノ作りを体験。
      9月 「第二回製造・縫製合同会議」を開催。産元、縫製工場が相互に協力することで
                  ムダ・ロスが削減される可能性を確認。
     10月 「第二回カーテン懇話会」を開催。ブランドメーカーとムダ・ロス削減策について相互に
                  意見交換を行う。

2010年  1月 取引の円滑な運営、ムダを削減した業務管理の為の受注者、発注者間の情報共有を
                   テーマに現状分析と体制作りをスタートする。
      6月 リサイクル研修会実施。繊維リサイクルの現状に付いて研修を受ける。
      7月 「業務条件確認シート」作成。商品企画から試作、発注、生産、納品、手仕舞までの業務に
                  おける確認事項をチェックシート化する。
      9月 縫製工場見学。生産者、縫製業者の共通する課題の確認を行い、品質向上策の一環とし
                  て捉える。
      10月 防炎研修会実施。防炎物品の性能確保と生地品質確保が両立するための研究と対応を検
                   討する。

2011年  4月 防炎カーテン研修会実施。主要国の燃焼試験方法、法規制状況、主要難燃糸メーカー 
        、難燃マーケットの現状を学ぶ。
      5月 難燃剤研修会実施。繊維の難燃化、燃焼のメカニズム、臭素系難燃剤の動向など、難燃剤
         メーカーとの意見交換を行う。
      7月 カケンテストセンター見学。カーテン生地本来の物性、機能性の試験方法、判定、評価の
                  状況を学ぶ。
     10月 クリーニング研修会実施。クリーニグクレーム事例、クリーニング現場の声などと通して、
                   カーテン生地の品質性能を協議する。

2012年  3月  Maison&objet展 Heimtextile展報告会。一般社団法人テキスタイルデザイン協会理事の
         大場麻美氏を講師に迎え開催。
      5月 品質管理推進の一環として日本繊維製品品質技術センター(Qテック)福井試験センター
                  を訪問。見学と意見交換を行う。
      7月 第一回リサイクル研修会の開催。
      8月 第二回リサイクル研修会の開催 2回の研修を通して原糸メーカー、ブランドメーカー、
                   カーペット業界のそれぞれのリサイクルへの取り組み状況を学ぶ。
         生産供給に関する確認事項及びNCAカーテン類品質基準を「カーテン生地の生産供給
                   に関する取引ガイドライン」としてまとめる。
      9月 防炎カーテン戦略研修会の開催。HBCD問題、防炎性能等現状の課題について学ぶ。
      10月 カーテン懇話会の開催。主要ブランドメーカー7社の商品部門責任者、担当者を迎え、現状
         の報告と今後の商品開発への課題について意見交換を行う。

2013年  3月 Maison&Objet展、Heimtextile展報告会。一般社団法人テキスタイルデザイン協会理事の
          大場麻美氏を講師に迎え開催。カラー、クォリティー、パターン傾向の報告を受ける。
      4月 カケンテストセンター大阪事業所訪問。遮熱テストの状況見学、「レースや柄物等、
                   面が不均な遮熱性素材の評価方法について」の研究発表を聴く。
      6月 下請取引改善講習会を開催。財団法人全国中小企業取引振興協会より講師を迎え、下
                   請法の内容と事業者としての義務と責任について学ぶ。
      7月  大和ハウス奈良工場見学会を実施する。如何に高付加価値の住宅を提供するかが
                   生き残りポイントである住宅業界でのオール電化、低価格住宅、太陽光発電住宅、
                   バリアフリー住宅等の取り組みを見学。
      8月  白洋舎 多摩川工場見学会を実施する。カーテンの消費者クレームの要因の大半は
                   洗濯に起因している事から、日本最大級と言われるクリーニング工場で工程の見学と
                   意見交換を行った。
         9月 「カーテン使用状況調査」を行う。対象は学校、病院、諸施設、町のクリーニング店、
                   一般消費者。カーテンの購入先、、使用年数、洗濯状況等をアンケート調査する。
         408世帯(1200窓)、 26施設、クリーニング店11店舗からの情報をもとに実態を把握
                   する。 特に消費者の洗濯への意識は二分されるも総じて認識が薄いと言える。

         「カーテン懇話会」開催。主要ブランドメーカー6社の商品部門責任者と担当者を迎え、
         協会の活動報告を通して提示された種々の課題について意見交換を行った。
         今後、更に情報を相互交換することによって、市場にアピール出来るものづくりを目指す。

2014年  3月 メゾン&ハイム報告会開催。ヨーロッパで新春に開催されたインテリアテキスタイル分野
                   の展示会「メゾン・エ・オブジェ」の最新トレンド情報報告会。
                   講師:日本テキスタルデザイン協会
      4月 新素材研修会開催。化学繊維産業の概況と技術動向、先端繊維素材の具体例、欧米中
         の技術開発の特徴、先端繊維素材による環境分野への貢献に付いて学ぶ。講師:日本化
         学繊維協会
      5月 アパレル縫製工場見学会実施。アルデックス梶i豊橋市)工場を見学する。日本品質の
                  洋服づくりを維持する、高い技術を持った人を育成する制度、技術開発、異業種交流(コス
                   トの追及)、産学官連携によるメイドインジャパンを目指す取り組みを学ぶ。
      6月 リサイクル工場見学会実施。潟_イカン(大阪市)見学。産業廃棄物の収集運搬、選別、破
                   砕・切断、焼却を見学。省エネ、リサイクルの推進、環境負荷の低減への取り組みを学ぶ。
      7月 事業承継研修会開催。事業承継の後継者の選定、時期、承継内容、後継者教育、事業
                   承継に関する主な施策(公的支援)に付いて学ぶ。講師:中小企業基盤整備機構
      8月 防炎研修会の実施。消防庁公表「防炎カーテンの性能確保」について。公表された施策
                   に対する具体策について解説を受ける。講師:日本防炎協会

2015年     10周年記念誌を発行する。2005年設立、10周年を迎え10年の歩み、独自の市場
         調査、品質基準書等を掲載する。
         防炎性能維持の為のトレーサビリティーへの協力活動として、補助ラベル取付方法の
         統一を染色整理工場の協力のもと実施する。
      3月 メゾン&ハイム報告会開催。日本テキスタイル協会の大場麻美氏を講師に毎年継続して開
                   催。ヨーロッパ発のトレンドの報告を聞く。
      4月 縫製工場の団体である大阪カーテン技術会とカーテン品質の向上を目的に生地の不良
                  状況等の情報交換を行う。
      5月 セーレン研究開発センター(福井県)見学会。委託染色会社より繊維総合メーカーに脱皮
                   したセーレンの技術開発の実態を見学する。
      8月 新JISセミナー開催。於:カケンテストセンター
      10月 第6回「カーテン懇話会」開催。ブランドメーカ-7社の商品部門の責任者とカーテンの
                   市場拡大について意見交換を行う。

2016年  3月 メゾン&ハイム報告会開催。日本テキスタイル協会の大場麻美氏を講師に招き、カラー、
          テクスチャー、クォリティー、スタイルなどのトレンドを学ぶ。
      4月 「染工場・縫製工場との合同会議」開催。染色整理工場5社、オーダーカーテン縫製工場
         5社、機屋、ニッター14社が参加する。生地の可縫製について品質に関わる課題を、現物
         を手にその原因と対応策、改善策について討議を行った。
      5月 「インテリア小売市場と現状の課題〜これからのインテリアビジョン〜」と題してインテリア
         ビジネスニュース主幹善明剛史氏を迎え研修会を開催。新築着工市場に頼っている現
         状、新しいビジネススタイルも見つけ成功している小売店の状況を聞く。これからのオーダ
         ーカーテンビジネスに希望を見ると共に、カーテンを企画製造するものとして流通の変化と
         ニーズを掌握する重要性を学ぶ。
           6月 和歌山市の鞄精機製作所および日吉染業鰍フ工場を見学する。島精機製作所では
         コンピュータよこ編機の組み立てライン、自動裁断機組み立てライン、手袋編機の組み立
         てライン、編機の稼働状況、トータルデザインセンターでのデザインシステムのデモ、
                  ショールームを見学する。日吉染業は新しい建屋に新しい最新鋭の機械が導入され、
         イメージを一新されていた。前処理工程(綿・ポリエステル)、幅出し(プレセット)、無地染
         め(連続染色機)、捺染(自動スクリーン捺染機、ロータリープリント)を見学する。
      7月 東リ褐木工場を見学する。複層ビニル床タイル製造ライン、オフロケ・メイクアップセン
         ター、東リ物流褐木配送センターおよび併設の縫製工場を見学。見学後、新厚木縫製
          工場と縫製に関わる生地品質について意見交換会を行った。
          10月 カケンテストセンター大阪事業所を訪問。12月スタートする新JIS対応の最終確認を行う。

2017年 3月 メゾン&ハイム報告会開催。日本テキスタイルデザイン協会の大場麻美氏を講師に招き
         インテリアテキスタイルの新しいトレンド学ぶ。
      4月 5月 6月 8月 9月
         主要ブランドメーカーと個別に意見交換会を開催。
         商品部門長、商品開発責任者、仕入責任者を迎え個別の課題について意見の交換を
         行った。生産に関する事項、品質に関する事項、物流問題、販売市場の課題について
         情報交換を行い現状認識と今後の課題を共有する。